ブログ

BLOG

40. 何故水道水で目を洗ってはいけないのか

何故目を水道水で洗ってはいけないのかということに関してお話させて頂きます。
患者さんにお越しいただくとき時々あるのですが、外来でうちのおじいちゃんよく朝起きたら目を水で洗う習慣があるんですが、先生から注意してもらえませんかいくら言っても聞いてくれないのでと相談を受けることがあります。
確かに日本の水道水は海外の水より衛生面がしっかりしてますし、飲水しても問題がないことが多いですのでその水で目を洗ってもあまり影響がないのではと思いますよね。ただ水道水で目を洗うのは避けたほうが良くその理由を3つお話します。
まず1つとして水道水には塩素が含まれています。この塩素は水道水に含まれている細菌などへの殺菌のために一定量含まているのですが、目には刺激薬として悪影響を及ぼす場合があります。目の表面には角膜や結膜という部位があるのですが、この部位を傷つけることがあり注意する必要があります。1日に何回も目を洗う習慣がある方は特に注意が必要です。目の表面を洗うと表層角膜炎という小さな傷がつきそこからバイ菌が感染すると角膜潰瘍という病気になってしまうことがあります。これは視力低下を引き起こす致命的な病気なんですね。目を悪くする前に目を洗う習慣がある方は注意してください。
次に2つ目はドライアイの状態が深刻になるかもしれません。目を水につけてドライアイになるってどういうことと思われるかもしれませんが、涙の必要な成分を必要以上に洗い流さすことでドライアイが悪化する可能性があるからです。涙の成分はほとんどが水ですが、水だけではありません。マイボーム腺と言われる部位から分泌される油分や角膜や結膜から分泌されるムチンとい物質があります。これらは涙が一定量目に留まるために必要な成分なのですが、洗いすぎるとこれらの成分を洗い流してしまうんですね。そうなると乾き目の症状がどんどん進んでいってしまいますので注意が必要です。ドライアイである方、そうでない方も注意して下さい。
3つ目はコンタクトレンズを使用している方向けのお話です。ワンデーコンタクトレンズをきちんと使用されている方はいいのですが、ツーウィーク以上のコンタクトレンズを使用されている方は注意が必要です。コンタクトレンズを水道水で洗うのだけは必ず避けてください。日本の水道水で信じられないかもしれないのですが、水道水にアカントアメーバという微生物が含まれていることがあります。この微生物は水道水に含まれる塩素によって死滅せずに、生存する事が実証されております。飲水として飲んで害があることはまず無いのですが、目に感染すると非常に厄介で重症な目の感染症を引き起こすことがあります。このアカントアメーバー角膜炎になる方は2week以上のコンタクトレンズユーザーがほとんどです。水道水で洗ったコンタクトレンズにアメーバーが付着し、そのまま水道水で保存するとこのアメーバーがどんどん増殖していきます。アメーバーも微量であれば問題ないのですが、水道水に含まれている塩素が抜けていくと様々な雑菌が繁殖していきます。これらの菌を餌にしてアメーバーがどんどん増殖していき人に害を及ぼすようになってきます。このアメーバー角膜炎は治療としても一筋縄でいかないことが多く角膜を削ったりと特殊な処置が必要になりますし、治ったとしても視力予後が悪い事が多いです。これも日本の水道水なら安全だしコンタクトレンズを洗浄しても大丈夫だと思われている方が多いからだと思います。コンタクトレンズの洗浄には必ず専用の洗浄液を使いしっかりこすり洗いをすることが必要です。こすり洗いに加えレンズケースの洗浄も大切です。こういった感染症を引き起こさないためにもソフトコンタクトレンズはワンデイがやはり一番おすすめです。以上が水道水で目を洗っていはいけない理由の3つです。
どうしても目を洗いたいという方は医薬品で処方されている人工涙液での洗浄ならいいかと思います。人工涙液で防腐剤が入っていないものを選ぶというのもポイントです。防腐剤は目への刺激になりますので、防腐剤はないものを選んだ方がいいです。ただ洗いすぎると先程話した涙に必要な成分まで洗い流しがしてしまうので用法用量を守って使用するようにしてください。このような防腐剤フリーの目薬は花粉症のときにも応用がききます。花粉症は目の表面に花粉が付着して痒みが発症しますが、点眼液で花粉を洗い流すことで痒みを軽減することができます。冷やして使うと抗炎症作用があり更に効果的です。毎年花粉症で悩んでおられる方がいましたら参考にしてください。
今回は水道水を目につかってはいけないということに関してお話しました、常用することはよくありませんが、水道水を使ってもいい時が例外にあります。それは目に洗剤のような化学薬品が入った、ゴミが入ったなどの緊急を要する場合は即座に水道水で洗い流す必要があります。その場合は待った無しで即座に目を洗わなければなりませんので水道水を使用してください。特に化学薬品の中でもアルカリ成分を含んだものは強力であり要注意です。目の表面に薬液が付着したままにすると角膜という無色透明の組織が白濁していき後遺症として残ってしまうからです。
そういう緊急的な状態は別ですが、常用する場合は防腐剤フリーの人工涙液を使用するのがいいと思います。今回は水道水の目への影響に関してお話いたしました。

(2021.7.31)

  • 058-262-3224
  • ページの先頭へ