ブログ

BLOG

34. 正常眼圧緑内障の特徴

緑内障という病気には様々な病型があるのですが、その中で日本人に一番多い眼圧が正常だけど緑内障になってしまう正常眼圧緑内障という病気に関してお話させて頂きます。まず最初に緑内障という病気に関して確認します。緑内障とは目の奥の視神経に障害が起きる事により、それに対する特徴的な視野欠損が起きる病気です。その緑内障の一番の原因は眼圧で充分に眼圧を下降させる事で進行が停止したり、進行を遅らす事ができます。なので、今までの動画でも何度かお話させて頂きましたが、緑内障の治療で唯一確立されたものは眼圧下降で、目薬やもしくは最近だとSLTといってレーザー治療が第一選択になる場合もありますが、それらの方法を使ってもとの眼圧から30%下げましょう。という非常にシンプルなことが緑内障治療の最初の目標です。僕らは無治療眼圧、治療眼圧といういい方をするんですが例えば治療する前、目薬とか何もしていない無治療眼圧で20ぐらいの眼圧の方なら30%減らすと治療眼圧は14ぐらいの眼圧になりますし、同様に無治療眼圧が18ぐらいの眼圧なら12ぐらいを目指すということにります。ところで、眼圧の正常値は10〜21で、冒頭でお話したとおり日本人の多くは正常眼圧緑内障というタイプがほとんどで実に日本人の7割がこのタイプの緑内障です。正常眼圧緑内障はその名前の通りなんですが、眼圧が正常値にも関わらず緑内障になってしまっているという状態です。時々患者さんにこういうことを言われる方がいます。職場の健康診断で眼圧を測りました。眼圧が正常値てした。私は緑内障の心配は無いですよね?というような質問です。答えから言うとノーです。眼圧が正常だけど、その正常な眼圧が緑内障を引き起こしているのが正常眼圧緑内障なんですね。実は正常眼緑内障は日本人を含んだアジア人に特有の病気です。民族性によって緑内障のパターンは違い、元から眼圧が高く緑内障になる原発開放隅角緑内障はヨーロッパやアメリカなどで多い病気です。昔は眼圧が正常なのになぜ緑内障になっているのかということに関して様々な議論がされました。緑内障は眼圧が上昇することで引き起こされる視神経症であり眼圧が正常なら緑内障でないというところから、眼圧が低くても緑内障を発症しえることがその後判明しました。眼圧が正常値なのに、なぜ眼圧を下げなければならないのか、他に原因があるのではないか。ということに関しては様々な検討がされました。
血圧も正常より高ければ脳卒中とか心筋梗塞とか病気になるので下げましょうというのはわかりますけど、血圧が正常なのに、正常値だけどもっと下げましょうと言われるとえっ、なんで?と思うと思います。ただ今では、正常眼圧緑内障の方にも眼圧下降が有効だというが明らかになりまして、CNTGSという大規模スタディでは、正常眼圧緑内障の方を集めて通常の眼圧が高い患者さんと同じ様に眼圧を下げる治療をしました。そうしたところ、正常眼圧緑内障でも眼圧が下降すれば、下降も30%以上下降すれば80%の人が進行が抑制もしくは停止したというデータがでたんですね。このためやはり眼圧が正常値で緑内障になっている人にも眼圧を下げることが有効であることが認められ、現在のように正常眼圧緑内障も眼圧が高い緑内障と同じ様に眼圧を下げる治療がされております。ただ、正常眼圧緑内障は先程の結果だと、8割は眼圧下降30%を達成できれば進行抑制効果があるのに、20%の方は30%以上下げても進行が止まらないんだという捉えられ方もできます。その場合は30%ではなく、さらなる眼圧下降が必要になる場合があります。ただしこれは結構大変なんですね。例えば中には緑内障の治療中の方で12とか正常値の中でもかなり低めの人が、進行することがあります。目標の値は8とか9になるんですが、一桁の眼圧を目指すことはとても大変なことなんです。通常薬物で眼圧が下がるのはちょっと専門的な話になりますが、上強膜静脈圧の7~10より下がる事はないと言われています。というのは眼圧も悪いことばかりで伝わっているかもしれませんが、眼球の構造を維持するためにその7~10までは必要な眼圧と考えられています。これを物理的に下げるとなると線維柱帯切除術のような手術で眼圧を下げることがありますが、あまりに低くなりすぎると眼球の構造が維持できなくなる結果、低眼圧黄斑症とか、脈絡膜剥離とか程度がひどいと視覚障害を引き起こしてしまうような合併症が出る場合があります。例えば手術して眼圧が3とか低くなりすぎてしまった、眼圧は下がったけど視覚的な異常が残ってしまったという場合です。本来正常眼圧緑内障は眼圧が高いタイプのものと比べると進行がゆっくりな病型なのですが、初期治療が遅れてしまったりして末期まで行くと治療が難しくなったりする事があります。今だと画像検査が非常に優れてますのでそういったもので早期に見つかればほとんどの緑内障は生涯問題ないことが多いです。なので40歳になったら眼の健康診断を受けて欲しいと思います。今回は緑内障のの中でも正常眼圧緑内障という病気の特徴をお話しました。


(2021.7.17)

  • 058-262-3224
  • ページの先頭へ