ブログ

BLOG

22. サプリメントに関して

目に関するサプリメントはどういったものが良いのでしょうか?
皆さんぱっとすぐ思いつくのやはりブルーベリーでは無いでしょうか?テレビのCMなどでたくさん宣伝されてますよね。最近だとルテインがいいというのもだいぶ広がってきているみたいです。今回はこの中でブルーベリーに関してお話しします。患者さんにもよく言われるのですが、ブルーベリーは一応飲んでるんですけど、ブルーベリーって私のような目にも効くのでしょうかみたいな感じです。目のサプリメントは広くブルーベリーが知れ渡っており、私自身医者になる前からブルーベリーに関する目の効果はテレビなどで知ってましたから漠然と目にはいいのかなと思っておりました。眼科医になってからはブルーベリーに関しての効能を調べ、使用されている患者さんで、誤った飲み方もされている方もおられるなと思うようになりました。ブルーベリーを飲めば黄斑症が治ったり、緑内障がなおったり、白内障の進行が抑えられたり、目の病気の万病薬だと思われて飲まれている人結構多いんですね。

特に注意しないといけないのは、糖尿病の方がなる目の病気で糖尿病網膜症という病気があるのですが、血糖値の悪い方がブルーベリー一生懸命飲まれている患者さんをみかけたこと何度もあります。糖尿病網膜症は実際深刻な状態の方も多く、特に糖尿病網膜症の重症型は治療法があるとはいえあらゆる治療に対して頭打ちの状態で難治性の場合があります。ブルーベリーの事を知り一生懸命飲まれたり中にはブルーベリージャムをたっぷり塗ってパンを食べるようにしていますと言われることがあります。このような事は血糖値を悪くしまったいる場合があり、これは網膜症が悪くなるだけなので必ず辞めて下さいと言っています。ブルーベリーの果実だけならわりと低カロリーですが、ジャムになると高カロリーです。この糖尿病網膜症は昔は日本人の中途失明率1位の病気で血糖コントロールが非常に大切です。しっかりコントロールすれば目の状態も良くなることが多いです。眼科としてはHbA1cの値が7.0を切ることが大切です
ブルーベリーが目にいいと言われたきっかけは第二次世界対戦の時代、イギリス軍のパイロットが飛行機を操縦中、ブルーベリージャムを間食として食べていたところ夕暮れでも視力がすごくよくなったというのブームのきっかけだったようです。しかしこの逸話は後にイギリス軍がドイツ軍に対して飛行機の新兵器のレーダー性能を知られないために作っていた嘘であったこと、また実はブルーベリージャムとは関係なくむしろ同じくイギリス人がよく食していたといわれるビタミンAを多く含んでいたニンジンをとっていたことのほうが関係があるということが後に判明されました。その後どういう訳かブルーベリーが目にいいという事が世間に広がってしまったんです。
ただブルーベリーも全く効能がないサプリメントではありません。ブルーベリーの効能に関してお話すると、ブルーベリーにはポリフェノールの一種である「アントシアニン」が多量に含まれている事が知られており、これが目に関して効くと言われてます。このアントシア二ンはロドプシンの再合成を助ける効能があると言われています。皆さん明るいところだとよくものがはっきりみえると思いますが、暗いところ行くと最初ははっきりみえないのに、だいたい10分ぐらいたつと目が慣れてきてはっきり見えてきたという経験ありませんか?ちょっとだけ専門的なお話をさせて頂くと、目の網膜には錐体細胞と杆体細胞というものがあります。錐体細胞の役割は色の認識と光の感知です。一方杆体細胞は光の感知だけですが、明暗を認識する力は錐体細胞以上に優れています。明るいところから急に外に出て夜道歩くと最初はぼんやりしか見えないですよね、これは錐体細胞の働きです。やがて時間が立つと網膜の中にロドプシンという物質ができてきて杆体細胞が働き出します。この杆体細胞がロドプシンと一緒に作用する事で更に夜の見え方をしっかりさせるようになるんですね。これを医学的には暗順応といいます。そのままの意味で暗やみに対応する見え方になってくるという意味です。少し遠回りになりましたがすなわちアントシアニンはこのロドプシンの再合成を促進し、夜間視力の向上に貢献しその結果として眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるなどとされています。このアントシアニンの作用こそが、ブルーベリーは目によいとされる一番の理由なのです。ですから、最近夜見にくいなどの症状がある方にはブルーベリーがいいかもしれないので良ければ飲んでみてくださいとお話したりしておりますが余程偏食をしない人でない限り積極的に摂るのはどうなのかと思います。目の病気で黄斑症や緑内障、白内障の進行の予防のため、そうでなくともなんとなく目の健康のためな飲んでる人にはもしかしたらそういう眼科的な効果も今後明らかになるのかもしれませんが、現状は根拠となる論文もなく医学的根拠もありませんのでおすすめできません。むしろ黄斑症という病気には必ず飲んでほしいサプリメントもあります。それがルテインというサプリメントです。これに関しては次回のブログにあげたいと思います。

(2021.5.19)

  • 058-262-3224
  • ページの先頭へ